無縁社会と孤独死の関連性

【無縁社会とは】
家族、近隣、地域、会社などにおける人とのきずなが薄れつつある今の日本。孤立する人が増えている社会。
現代社会のこうした一側面を、NHKが「無縁社会」として取り上げたことで注目されました。
「無縁社会」という、この言葉は2010年の「ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)のトップテンにも選ばれました。

近年、こうしたつながりが急速に失われつつあります。
そのため、社会から孤立している人が増えています。背景には「核家族化」「非婚化」「単身者」「長寿化」による単身世帯の増加や雇用形態が関係している言われています。
ライフスタイルの変化などから、家族がいても音信不通になっていたり、地域との交流がない人が増えていることも関係しているでしょう。
病気などの緊急時にSOSを発することができない人も多いことが明らかになってきました。

2030年以降の生涯未婚率は30%を超えるであろうと予測されています。
さらに、ニートやフリーター、派遣社員の増加が著しく30代、40代ですでに社会から孤立する者が急速に増えているのも問題視されています。

【孤独死とは】
身寄りのない老人やホームレスが、誰にも気付かれないままひっそりと死を迎えること。
特にアパートやマンションに住む高齢者に多く、隣人や家族にも気付かれないまま死後数週間から発見された場合のことを「孤独死」と呼ぶことが多いです。
しかし、最近ニュースで聞くのは何も高齢者の一人暮らしばかりが孤独死をしている訳ではありません。
2人世帯の孤独死、若者の孤独死が実際に発生しています。
障害を持った家族がいる方、介護をしている世帯に関していえば、介護している人が家の中で倒れてそのまま亡くなったとしたら・・・残された家族はそのまま衰弱死してしまうのです。
今の日本では現実にこのような事が起こっています。

孤独死には明確な定義はなく、厚生労働省は全国調査を実施していません。
ニッセイ基礎研究所(東京)は2011年4月に全国における65歳以上の孤立死者数の年間推計をまとめました。
東京23区内での孤立死者数と全国の人口動態統計のデータをもとに算出。
年間1万5603人の高齢者(1日あたり42・7人)が孤立死したと推計をしました。

【無縁社会と孤独死の関連性】
孤独死を防ぐには「無縁社会」から抜け出すことが大切です。
地域との関わり、家族と連絡を取り合うなどの日常的な関わりを持っていれば、死後数週間〜数ヶ月に遺体を発見!なんてことは避ける事ができるでしょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします