拡大する、孤独死・貧富問題の解決を!

最近、ニュース等の報道で耳にすることが増えて来た「孤独死」問題。
高齢者やホームレス、誰にもみとられずに死亡する事を「孤独死」または「孤立死」といわれています。
特に独り暮らしの高齢者が自宅で死亡し,死後しばらく経ってから初めて遺体が発見されるような場合のことを言います。
孤独には定義が定まっていませんが、死後数週間〜数ヶ月、長いと数年経ってから遺体が発見されることを「孤独死」と言われています。

また、孤独死、孤立死とは、阪神大震災の時に神戸新聞が使い始めた言葉ですが、今は高齢者に限らず若者の孤独死が現実に起こっています。
阪神大震災の被災者が入居する公営災害復興住宅で、誰にもみとられずに亡くなった「孤独死」が、2012年で年間61人に上りました。
2011年より25人多く、仮設住宅が撤去された2000年以降の累計が778人。
年代別でいうと60代以上が9割を占めたことが分かりました。

東京都監察医務院の調べによると、東京23区内で、65歳以上の独居者が自宅で死亡したケースは以下の通りという結果が出ました。
・平成14年は1364人
・平成20年は2211人

なんと約1.6倍に。都市再生機構が運営管理する賃貸住宅でも増加しているのが、この調査結果で分かります。

●孤立死が発生している背景

戦後、高度経済成長時代を経た日本は、家族構成が他世代から核家族型に変化したと言われています。
子供の独立後は、夫婦2人になり、その後1人になってしまう構成の世帯が増加しています。
また、会社を退職した後は地域や社会から孤立をした生活になっている人が多く見られます。
孤独死の背景には、家族や古里、故郷、会社との絆が急速に失われているのではないか、という意見があります。

●孤独死の発見につながる要素とは

① 新聞がたまっている。
② 電気がつけっぱなしである。または消したまま。
③ 洗濯物が干されていない。または干しっ放し。
④ 電話に出ない。
⑤ 電気の使用状況を確認する。
⑥ ガスの使用状況を確認する。
⑦宅配の不在通知がたまっている。

上記に挙げられた項目は、孤独死を発見するサインの一つです。

●孤独死を防ぐには?
① 家族に守ってもらう。
② 親族に守ってもらう。
③ 近隣住民との関わりを持つ。
④ 介護サービスを利用する。
⑤地域のサークルやイベント、コミュニティに参加をする。

孤独死は誰にでも起きてしまう可能性があります。
世間との関わりを拒絶していたり、同じ家に住んでいても引きこもっていても孤独死になってしまう可能性はあるのです。
周囲との関わりをもつことで、たとえ孤独死をしたとしても早期発見に繋がるのです。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします